パートはパートタイムの略です。

パートであっても職歴があれば書くようにしましょう。

パートタイムについての知識

パートはパートタイムの略です。パートタイムとは短時間労働を意味し、パートタイマーはその形態で働く労働者のことです。パートタイム労働法という法律によって、定義や運用等が定められています。法律におけるパートタイマーとは、1週間の労働時間が、同じ職場における通常の労働者の労働時間に比べて、短い労働者のことを意味します。ここにいう通常の労働者とは、社会通念上、その社内における通常の労働者であると判断されるべき者をいう、とされています。通常の労働者とは、一般には正社員を指しますが、社内に正社員に該当する者がいなくても、フルタイムで主たる業務を行う労働者がいれば、その者が通常の労働者とみなされます。

厳密な定義を簡単にまとめると、パートタイマーとは、その会社の通常の労働者よりも労働時間が短い労働者をいいます。ポイントは、法律上のパートタイマーに該当するかどうかは、その会社でパートタイマーと呼ばれているかどうかとは関係がない、ということです。会社でパートと呼ばれていても、週に40時間の労働の契約であれば、法律上は一般の労働者である正社員に該当しますし、会社で社員や準社員と呼ばれていても、通常の社員よりも1週間における労働時間が短ければ、法律上はパートタイマーに該当します。

また、パートタイマーは通常よりも労働時間が短いですが、労働基準法における労働者に該当しますので、労働基準法が適用されます。要件を満たせば有給休暇を取得することができ、条件を満たせば社会保険に加入することができます。

Copyright (C)2017パートであっても職歴があれば書くようにしましょう。.All rights reserved.